ボーダーリアルエステート株式会社
ライフスタイルをデザインする会社です

TEL:078-647-7830 受付時間8:30~18:00(定休日:日曜・祝日)

COLUMN

コラム

リノベーション講座-壁-

リノベーションといえば、天井を剥がし、内部の壁を取り除くことからはじまります。

取り除ける壁と取り除けない壁の種類とそれに合わせた仕上げの選定方法についてになります。

・コンクリート(RC)

表面がザラつき、多少のデコボコがあり、仕上げによって下地処理が必要になります。

ビス止めは可能ですが、DIYで行うにはアンカーが必要なので少々ハードルが高いです。

基本的には、撤去できません。マンションなどでは、隣の住戸との界壁となっていて構造耐力壁となっているのでまず撤去できません。ただし、住宅などでは耐力壁でなければ、撤去できることもあります。

塗装や珪藻土などの塗り壁をする場合、シーラーによる下塗り作業が必要です。

クロスをする場合、モルタルなどで、表面を平滑にする必要がありますが、仕上がりが難しくお勧めしません。

基本的に天井、壁、床を全て取り除くと写真のようになります。

002

・石膏ボード(プラスターボード)

表面が平滑でどんな仕上げにも対応可能です。そのため、現在の建築における内壁のほとんどが石膏ボードと言ってよいと思います。

ビスが効かないので、下地となる合板か石膏ボード専用のアンカーが必要になります。

リノベーションの際、石膏ボードの部分は構造と全く関係ないので、全て取り除くことができます。また、新たに造作で作る壁はすべて石膏ボードになります。

コンクリートに対して仕上げのために石膏ボードを貼って壁をふかしていることもあります。

ファイバーテープとパテにより繋ぎ目をなくし、平滑な一枚の大きな壁にすることができます。

基本的には間柱を455mmピッチで留めていきます。間柱の無い部分にはビスが効きません。

弊社にて実物大の模型を設置しています。

001

マンション内で壁厚は間柱60mmだと85mmになります。

004

参考までに、写真のアンカービスもありますが、耐荷重が2kgほどです。

アンカービス

・合板

石膏ボードの裏に貼ることで、ビスが効くことになります。

仕上げ面に使用することもあるが、表面がザラつきがあるため、パテなどで平滑にする必要がある。

写真のように石膏ボードが仕上げ面(珪藻土)になりどこでもビス留めが可能になります。

002